恐竜について勉強してみました
Google
WWW を検索  m-crafts.net を検索

Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
メニュー
http://www.m-crafts.net/
恐竜(きょうりゅう)について。(エムクラフト)

恐竜(きょうりゅう)は、今から何億年も前に生きていた生物で、三畳紀に爬虫類から進化し中生代に大繁栄しました。
恐竜(きょうりゅう)をはじめとする大型爬虫類は約6,500万年前の白亜紀末期に絶滅したとされる。
祖先は肉食性であったが、進化の早い過程で草食化した恐竜(きょうりゅう)も多く存在した。
全ての恐竜(きょうりゅう)の祖先は、三畳紀に生息した二足歩行する小型の爬虫類であったといわれています。
恐竜(きょうりゅう)とは原爬虫類から進化・大型化した種類で、分類学的には竜盤類と鳥盤類を恐竜としているが、
翼竜、魚竜、首長竜等は分類上では恐竜には含まれず、恐竜(きょうりゅう)の大きな特徴の一つとして直立歩行
(脚部が胴の下側に出ている)があり、現在の爬虫類とは胴の横から脚部が伸びている等の相違点がある。
特に日本人は恐竜(きょうりゅう)が好きである。


恐竜(きょうりゅう)の皮膚
恐竜(きょうりゅう)の皮膚は化石記録として大変残りにくく、その詳細は現在も不明のままである。
恐竜(きょうりゅう)の色彩に関しては、現在の鳥やワニ、もしくは恐竜と似た現代の哺乳類等から推測する他ない。
恐竜(きょうりゅう)は爬虫類であった事を踏まえ、ワニのような鱗に覆われた皮膚をしていたと考えられていた。
これを裏付ける皮膚の残った化石も僅かながら発見されている。
恐竜(きょうりゅう)は鱗・羽毛で覆われた恐竜皮膚の化石の発見で、恐竜各種が各々どの様な皮膚をしていたか今後の課題である。

恐竜(きょうりゅう)の現代認識
恐竜(きょうりゅう)は絶滅してしまっているため、生態は謎に満ちています。
初めて恐竜(きょうりゅう)の化石が見つかった時には、爬虫類であったことも踏まえて変温動物と考えられていたが、
骨格の構造の解析による新しい証拠や科学的な検証から、恐竜は恒温動物であった方が理に適っているのではないか?
という説が登場しました。
中国の白亜紀の地層で羽毛をもった恐竜(きょうりゅう)の化石が相次いで発見され、鳥類と恐竜の系統関係が明らかに
なりつつあり、恒温動物説は幅広い支持を集めるに至っています。
恐竜(きょうりゅう)基本的には二足歩行で、上半身と下半身のバランスを長い尾で振り子のようにとっていたと考えられている。
過去の説では尾を引きずりながら歩いていたとされていたが、足跡の化石等の分析が進んで現在では否定されている。
現在の爬虫類の多くは体の側面から四肢が生えているのに対し、
恐竜は恐竜(きょうりゅう)は現生の哺乳類や鳥類のように体の下部から四肢が生え直立歩行する事ができたと考えられ、
恐竜とそれ以外の爬虫類を区別する上での大きな特徴としています。
恐竜(きょうりゅう)とは別系統の爬虫類である中生代の水棲爬虫類や翼竜、哺乳類系の単弓類等も恐竜の一種であるとする
誤解が広く流布している様です。
恐竜(きょうりゅう)の行動の多くは足跡や巣の状態から推理するしかないが、現代科学では骨格、筋肉、足跡の計測などから
歩行速度を求める事も可能である。



FRP大型プール 組立式プール

組立式 大型FRPプールは、エムクラフト

 サイズが豊富で、安価で容易な設置プール

Copyright(C)2007 M-CRAFTS エムクラフト All Rights Reserved


エムクラフト
〒437-0215 静岡県周智郡森町森1418-1
TEL(0538)86-4776